【映画】「メン・イン・ブラック3/MIB3」を観たよ!

映画「メン・イン・ブラック3/MIB3」を観ました
欧太郎は、ウィル・スミスもファンで、過去にン万円でサイン付き写真を購入したことがあるくらいです。
また、一度購入したことを忘れていて、同じDVDを2枚買ってしまったこともあります。(まだ2枚持ってますが・・・)
だから、もちろん、1も2も映画館で観ています。1は1997年で、もう、15年前なんですね・・・。
でも、ウィル・スミスはあんまり歳をとってないよね。。。?顔立ちは昔よりもシャープになってる気がする。
羨ましい・・・


画像


やはり3Dで観たい!と思ったので、3時間くらい時間を潰しました・・・


画像


今回の3ではジョシュ・ブローリンが29歳の頃のKとして加わってるけど、29歳・・・??(笑)


実は、欧太郎は今回のMIB3を観て、初めて泣いてしまった・・・

MIBって泣く作品だったっけ・・・??って感じだけど、涙がジワッっと出て来てしまった。。。

何故なのかは、先週上映されたばかりだし、詳細は控えますが、トミー・リー・ジョーンズが演じるKがひた隠しにしている「秘密」ってヤツに関係します。
そして、その「秘密」は、ウィル・スミスが演じるJの人生に深く、深~く関わっているのです!
ちなみに、Jは父親の顔も覚えていない天涯孤独の身・・・。


画像


大雑把なストーリー概要は・・・

月面刑務所から重罪犯エイリアンであるボグロダイト星人、ボリスが脱走する。
彼は自分の片腕を奪い、逮捕したKに恨みを持っている。
そこで、逮捕された1969年の過去へタイムスリップし、Kの抹殺を図る。

ある日、いつもどおりに出勤したJは、歴史が書き換えられ、Kが40年以上前に殺されているうえに、ボグロダイト星人によって地球が攻撃を受けている世界に驚く。
Kを救うため、地球を救うためにJも1969年へと向かう・・・。

って感じデス


あと、感想としては、3D効果の恩恵を受けた印象があんまりない・・・
2Dで充分なのでは。。。?

また、今回の作品ではある人物が命を落とすことになります。
「何故、あの人物をタイムスリップして助けなかったのか??」
っていうことがネット上でも言われているようですが、欧太郎としては、『そんなことしたら、主役Jの「MIBとしての人生」そのものが大きく変わっちゃう・・・ひょっとしたら、無くなっちゃうんじゃないの??』
って思いますが・・・。


ということで、鑑賞して「ハズレ感」はない作品かと思います




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年06月02日 20:14
ジョンジュンに夢中かと思ったら、ちゃんとウィルスミスへの愛情も残っていたのね。安心したよ。

この記事へのトラックバック

  • 映画「メン・イン・ブラック3」なんだ、感動作だった!

    Excerpt: 「メン・イン・ブラック3」★★★★ ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ、 ジョシュ・ブローリン、エマ・トンプソン出演 バリー・ソネンフェルド監督、 105分、2012年5月25公開 2011,.. Weblog: soramove racked: 2012-06-08 01:18