【映画】バイオハザードⅤ リトリビューション

もう、数週間前のことになりますが・・・、映画「バイオハザードⅤ リトリビューション」を観たよ。。。
欧太郎は、このシリーズは全て鑑賞しているんだけど・・・、まぁ・・・、5作目だから前作以前のストーリーについて、正直、記憶も薄れているんだけどね・・・。全部見直すと印象が変わるのかな??(笑)


ぶっちゃけ、5作品の中では一番面白味がないな~って感じ・・・デス!


なんか、凄い超能力を持っている展開が前作まではあったのですが、今回は、そういう能力はないみたい。。。

あと、戦闘シーンも、欧太郎だったら、はじめからそこを狙うんですけど・・・って感じの結末なので・・・

あと、中島美嘉が演じる“J-POP Girl”は、何度も何度も襲ってきて「結構、しぶとい・・・。」ってミラがインタビューでは話してたんだけど、そうでもなかったよ・・・(笑)

(中島美嘉は好きなんだけど、ここ最近、以前のように歌がヒットしなくなったのは何が原因なんだろ・・・?)


画像


まぁ・・・、つまらないとまでは言わないけど、欧太郎としてはイマイチでした・・・。

以前の敵が味方になったり、味方が敵になってたり・・・。そういう工夫?はちょっとあったのかな?


画像

欧太郎が好きな俳優の一人、ボリス・コジョーが演じるルーサー・ウエストが復活してたから、そこも楽しみだったんだけど、最後は残念だったワ・・・。



ストーリーを説明するのが難しいというか・・・、毎回、敵とか目的って、このシリーズは同じようなもんでしょ・・・?
でも、簡単に適当に(笑)以下に示しますね。。。

アルカディアでの死闘をなんとか脱したアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)だったが、かつては仲間であったジル(シエンナ・ギロリー)が率いるアンブレラ社の攻撃部隊が襲ってくる。
気を失ったアリスが目を覚ますと、そこはアンブレラ社の巨大な実験施設で、アリスは拷問に苦しめられる。
しかし、、突然、セキュリティーシステムが停止し、彼女は閉じ込められていた部屋から出ることが出来る。
そして、アリスを救出するための部隊が施設に現れ、アリスは彼らと手を組み、施設からの脱出を図る。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ バッグ

    Excerpt: 【映画】バイオハザードⅤ リトリビューション ~欧太郎の自由帳~/ウェブリブログ Weblog: プラダ バッグ racked: 2013-07-06 14:03