【台湾ドラマ】天使を探して ~Love Family~(原題:有愛一家人)第4話

台湾ドラマ、なかなか楽しめます!
女優が結構、綺麗なんです。台湾の女性がこれ程綺麗だとは思っていなかったです。。。
それとも、どこかの国みたいに、みんなもの凄~く整形してるのかな・・・?
英語名があることも、いままで言われてみれば、そんなに意識していなかったけど、台湾のエキゾティックさにハマってきてる欧太郎デス・・・。

でも、何と言っても、宥勝(ヨウション)<クリス・ワン>の魅力だな。。。
特別にイケメンってわけではないと思うのですが・・・、現在、超目が離せない存在です!(^-^)
人気があるのでドラマ、映画、CMの情報、そして歌手活動でのPVでも堪能させていただいています・・・(^_^)v

欧太郎にとって、ドラマを紹介するのはキャプチャーの取得など、更新が正直大変なんだけど、まぁ・・・、とにかく、進められるときに進めておこうかな・・・?(^O^)

・・・ってことで、第4話です(*^。^*)



「天使」を探すために「幸福の家」に見習いとして働き始めたションレン(ヨウション)とロンシー(ジャック・リー)。
しかし、「天使に違いない!」と確信したヨウチンが既婚&子持ちだと知って、もはや、「天使探し」の必要が無くなったふたり。。。
雇用契約書を盾に、なかなか辞めさせてくれない「幸福の家」の社長 ヨウアイ(セレナ・ファン)に「お願いだから辞めてちょうだい!」と言わせるために、仕事が出来ないフリをしたり、いろいろと嫌がらせをしているところだ・・・。

画像


チンタラチンタラ・・・。

痛んだ門の塗装をやっている。。。メチャメチャな道具使いだ~~。


画像


そこへ、ヨウアイがやってきて、二人にハケやローラーの使い方を指導する。

作業を続行させているそんなとき・・・




画像


イケメンに目が無いイケイケ女、インインがやって来る。

ケーキを作ったのよ~~


ロンシーとションレンは、仕事中だから・・・。と返答するが・・・

画像


「私は社長の親友だから・・・」とヨウアイにプレッシャーをかける。。。


画像

画像


15分間だけ休憩をもらえることになったロンシーとションレン・・・。


画像


ションレンは甘いものが全くダメなようだ・・・。

代わりに、ロンシーが食することに。。。

半端ない甘さらしい・・・。

それにしても、何故、男性は甘いものが苦手なひとが多いんだろう???

欧太郎は甘いものが大好きなので、全く理解できませんな・・・(笑)(^O^)



画像


「トイレに行ってくる・・・。」

とその場を離れるションレン。。。

画像


ションレンは女将に呼び止められ、大学芋作りを手伝うことに・・・。


画像


甘いものでも、大学芋は大好物らしいションレン。。。


「あなたたちの大好物だって聞いたわ・・・。」

女将は、大学芋の芋はヨウアイが用意したこと、また、大学芋は新しいお客様を迎えるときだけ用意するということをションレンに話す。

「新しいお客様は今日はいないのに、一体、誰に食べてもらおうと用意したのかしら・・・。」

「ヨウアイはあなたたちのことをすごく褒めていたのよ。。。」
「特に、ションレンのことを高く評価していたのよ・・・。」
「仕事の飲み込みが早いって・・・。」

と、謝罪に於いて不器用な我が娘を擁護するとともに、ヨウアイに代わって謝るのであった・・・。


無言のままのションレンに対して・・・


画像


給料袋を取り出し、
「今日で辞めてもいいわよ。」
「違約金は要らないわ・・・。」

返す言葉が見つからないって感じのションレン・・・。


画像


ホテルに戻ってからもずっと何かを思い詰めている感じのションレン。。。

ロンシーは・・・

「いつになったら、「辞めろ」と言ってもらえるんですかね~~。」

「今日も、あの女に嫌がらせをしてやりましたよ!」


画像


割れた瓦の交換をしようとするヨウアイとインイン。


画像


そこへ、ションレンとロンシーがやって来た。

イケメンに心がグラついたインインは・・・



画像


ヨウアイを支えている梯子の脚をも、いとも簡単にグラつかせてしまった~!(>_<)


画像


キャ~~!


画像


ヨウアイ!!



画像


ションレンとロンシーは身を呈してヨウアイとインインを守った~(^_^)v


画像


インインは、「ず~っとこうしていたい!」って感じ。。。



しかし・・・



画像


ロンシーは脚に怪我をしてしまい、暫くは歩くことがままならない状況に・・・。


女将がロンシーの素足に薬を塗っているのを見て、インインは・・・

画像


ねえ・・・、背中とか痛いところは無いの??
遠慮しないで言ってね~。

(服でも脱がせたいってことか・・・?(^_^;))



画像


ションレンは、何故、あんな危険な作業を自分でやろうとしたのか?とヨウアイに訊く。

そして・・・


「これからは僕がやる。。。」

と言う。



画像


「幸福の家」でこれからも働き続けるとのションレンの言葉に喜ぶヨウアイ。


画像


インインも「やったー!」って感じ。。。


画像


ロンシーだけは・・・、

「え・・・???」

と肉体労働がこれからも続くことに残念そう。。。


画像


インインは、ションレンとロンシーの家まで送っていくと言い出す。

自分とヨウアイを救ってくれて怪我を負ったわけなので、遠慮するなとしつこい・・・。

このままでは、五つ星ホテルに泊っていることがバレてしまう。。。


画像


ションレンは、現在は空家になっている父親の実家へ案内する。

「随分、立派な家ね・・・。」
の問いかけにも、海外へ行っている友人に借りていることに。。。

画像


鍵も持っていないが、なんとか誤魔化せると考えていたションレンだが・・・。


画像


インインは一筋縄ではいかない・・・。

鍵を忘れたのなら、鍵師を呼べと言う。。。

どうしても家の中に入りたいようだ。


画像


生活感がなく、冷蔵庫の電源も入っていないなど、怪しがるインインとヨウアイ・・・。

インインはションレンの部屋を見たいとか、なかなか帰ろうとしない。。。

おまけに、スーパーで買い物をしてくるので、何か料理して食べようとまで言い出す。

画像


「お願いだから・・・。脚が痛いよ~。早く休みたいよ~。帰ってください。。。」とインインに懇願するロンシー・・・。


画像


ヨウアイの料理はとても美味しいらしい。

調理師免許も持っているようだ。

でも、民宿ではヨウアイは料理を一切しようとしない。。。

何故なのか・・・?

画像


「私が料理が出来るってことはお父さんとお母さんには内緒よ!」
とヨウアイ。

画像


門の屋根の瓦を交換しようとしているヨウアイとションレン。


画像


そこへ車に乗った男が・・・。


画像


ヨウアイの幼なじみで、この辺りの地主で名家の息子、カイホアだった。

「おい!ヨウアイから離れろ!!」


画像


キョトンとするションレン&ヨウアイ。


画像


第2話でヨウアイの父親が「婚約者」と言っていたのは、実は彼のことだ。

でも、ヨウアイはその気がなく、一方通行の片想い・・・。

ハッキリ言って、カイホアを気に入ってるのは父親だけ。
家柄や経済力は申し分ないと考えているようだ。。。

画像


ションレンになにかとイチャモンをつけて来るカイホア・・・。

カイホアは「勝負だ!!」

・・・って、気が早すぎ~(笑)

初めは、「金をやるから仕事を辞めろ。」と言うが、ションレンが求めた金額が彼のキャパを超えていたようで・・・、あっさり次の勝負を提案するが・・・


画像


これは・・・何?

土嚢ではなさそうなんだけど・・・?
ま、いっか・・・(^_^;)

ションレンはわざと負けてあげたような感じ。。。


画像


「ヨウアイに近付くんじゃないゾッ!」


ションレンは即答で「わかった。」

画像


母親である女将の料理や企画に対して、しきりに賛辞を呈するヨウアイ。

ヨウアイは母親の得意とするものや楽しみを奪っちゃいけないという想いから、料理が苦手なふりをしているのか・・・?

そんなヨウアイの優しさを垣間見たションレン。。。

画像


カイホアの出張土産を激しく拒絶するヨウアイ。
(こんなに拒否られるのも可哀想な・・・(笑))

おまけに、父がカイホアを夕食に誘うが、ヨウアイは乗り気でない・・・。

で・・・、


画像


ロンシーの怪我も気になるし、そろそろ帰ろうとするションレンに対して、


画像


「あなたも一緒に夕食食べて行きなさいよ~!」

カイホアは「え・・・?」

画像


カイホア 「おい!さっきの約束を忘れたわけじゃないだろうな!」

ションレン「ああ・・・。」

第4話はこんな感じでした(*^。^*)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック