【台湾ドラマ】天使を探して ~Love Family~(原題:有愛一家人)第32話

第32話は準備は既にしていたけど、なかなかブログ更新には至らなかった。。。(-_-;)
キャプチャーがいっぱいになっちゃったんだけど・・・。
どれを削ろうかな??

古い回がどんどん視聴できなくなっているので、ひょっとしたら、今後は話数を飛ばさざるを得ないかも・・・。


画像


前回では、ヨウアイ(セレナ・ファン)の両親であるご主人と女将に、交際の報告しようと話を切り出したションレン(宥勝 ヨウション<クリス・ワン>)。

しかし、ご主人は「知っている。」と応えた・・・。

女将「でも、どうしてお父さんは知っているの?」


実は、ご主人の「知っている。」は、ションレンが天使探しのために「幸福の家」にやって来たということ。
そして、その天使がヨウアイであったということだった。

情報源はシウシェンだった。(さすがはおしゃべりオバサンだ・・・。あっ、「シウシェン姉さん」って呼ばないと怒られるか・・・(^_^;))



二人の交際までは思いもしなかったご主人は・・・



画像



「ちょっと待ってくれ!」

「交際をしたいということか・・・?」


画像


そこへ、ロンシー(ジャック・リー)とインインがやって来る。

インイン「おめでとう!やっと正式に交際を報告できたのね?」



画像


すると、ご主人の形相は変わり、カップをテーブルに放りだすように置き、突然席を立った。

「便所へ行って来る!」

ドアをバタンと閉め、怒った様子だ。。。


画像


ションレン「僕のことが嫌いなのかも・・・。」

女将「そんなことないわよ。いつもションレンのことを褒めているのよ。」


ションレン「やっぱり、この服装が・・・。」 (イヤイヤ・・・(#^.^#))



トイレから戻ったご主人はションレンに・・・



画像


「おい!表へ出ろ!!」



画像


ご主人「男同士の話し合いだ!」



画像


ヨウアイとの交際を始めたのは、ご主人と女将が花蓮へ行っていた時だと知ったご主人は、

「うっかり、狼を入れてしまった。。。」


ションレン「狼ではありません。僕は真剣です!」

      「事後報告になってしまいましたが、ヨウアイとの交際を認めていただきたいのです。」

頭を下げるションレン・・・。



画像



ヨウアイは、三姉妹の中でも、子供の頃から最も民宿の手伝いをして来た。
そして、民宿や姉妹の世話のために、自身を犠牲にして苦労をして来た。。。

だから、ご主人は、裕福で家柄も良いカイホアとの縁が結ばれることを望んでいた。

(カイホアは最近、どうしてるんだろうね?(^O^))

ションレンは言う、

「僕は決して彼女に苦労をさせず、幸せにします。僕のこれからの行動を見ていてください。」


ションレンが実は大富豪だという正体を知らないご主人は、口ではいくらでも言えるとでも思っているのだろうな。。。


ご主人「忠告しておく。ほんの少しだけ、ほんの少しでも、ヨウアイを悲しませたら・・・。」


画像


「お前をこうしてやるからな!覚えてろ!」

と花をむしり取り、握りつぶす。。。


画像


夕方6時を過ぎても、ご主人とションレンは帰って来ない。
携帯も繋がらないのだ。

ヨウモン「まさか、父さんが嫉妬して、衝動的に仁(レン)兄さんを殺し・・・、死体を埋める場所を考えてるとか・・・?」

画像


心配で仕方がないヨウアイ・・・。



そこへ・・・、


画像


ご主人とションレンが帰って来た。

土城で鶏を買って来たらしい。。。

並ばないと買えないそうだ・・・。

(何?有名なの?)


ご主人「今日はめでたい日だから、お祝いしないとな!」



画像


ションレン「心配かけてごめん。。。」



画像


ご主人はションレンと2人で、酒を酌み交わそうと言う。

酒は、ヨウアイが生まれた年の“女児紅”なのだそうだ・・・。

(皆で呑むんじゃないんだね。。。)


画像

画像


よくはわからんが、割と強いお酒なのかな?


画像


ションレン「幸せにすると保証しますぅ~~。」

      「僕は結婚したいですぅ~~。」

グビグビ呑んで、ベロベロに酔ってしまった様子のションレン・・・。


画像


ションレン「でも・・・、ヨウアイはしたくないって・・・。」  半ベソをかくションレン・・・(^_^;)

ヨウアイ「ちょっと・・・、呑み過ぎよ。。。」

ロンシー「仁(レン)さん、しっかりしてくれよ・・・。」


・・・すると突然、豹変して、

画像


ワ~イ!僕たちは結婚できるんだ~~!!



画像


ご主人「結婚するなら、今度是非、ご両親を連れてきなさい。」


画像


ションレンは、「母なら・・・、母は来ましたよ~~。」と言うが、周囲は何のことやら見当がつかない。

         「ほら、この間、ルオさんが・・・。」

慌てるロンシー。
ロンシーはその場しのぎになんとか誤魔化す。。。

ロンシーの心の声・・・

「これ以上、自爆しないでくれよ~。」


画像


ロンシー「女将さん、仁(レン)さんを連れて帰ります。。。」


画像


翌朝・・・


画像


ロンシーを抱いて寝ていたことに驚いて跳び起きるションレン。



画像


ロンシー「仁(レン)さんは、家に帰り付いても僕を放さず、“ヨウアイ、ヨウアイ”って呼び続けて・・・。」

     「仁さんは、僕の身体を・・・(^_^;)」

ションレン「からかうなよ!」


画像


ロンシーから、ずいぶん酔って自爆していたと訊かされ、慌てるションレン・・・。



画像


昨夜の記憶が無いションレンは、不安な気持ちで出勤するが・・・、

ションレンを待っていたのは、ヨウアイが作った、二日酔い醒ましのミントティーだった。


画像


ヨウアイ「あんなに呑むなんて。。。苦くても全部飲むのよ!」(#^.^#)


画像


ヨウアイは、昨夜のションレンの発言を気にして、結婚を前向きに考えてみようと思うので、時間が欲しいと言う。


実際のところ、「結婚しない前提の交際」について、以前に宿泊したルオ・シャオフォン(実はションレンの母)から言われた“自分のことばかりで、相手の家族のことを考えていない”という指摘による影響も大きいのだ。

ションレンは、「君が考えを変える必要はない。」と言うものの、正直、嬉しそうだ・・・。



一方・・・


画像


インインを呼び出したロンシー。

画像


ロンシーは、インインの手を握り、

     「このロンシーは男の中の男だ。」

     「責任をとるよ。」


画像


ところが、インインは、ファーストキスだというのは冗談なのだと言う・・・。

インイン「まさか、ずっと気にしていたの?」


画像


ロンシー「まぁ、いいさ。僕はそんな小さな男じゃない・・・。」

     「これからも僕たちは友達だ。。。」

     「今度やったら、やり返すゾ!」



強がるものの、インインとのキスの件で、ずっと悩んでいたロンシーの心境はとても複雑だ・・・(-_-;)



画像


買い物に来ているションレンとヨウアイ。


画像


そこで、優勝したカップルには、カプセル式コーヒーメーカーをプレゼントされるゲームに参加することになる。

二人の出逢いはカップルを装ったカップ麺の争奪戦だったもんね。。。(第1話参照)

今回は本当のカップルだ。


どんなゲームかと言うと、


画像


画像


画像


二人がスプーンをくわえ、コーヒー豆を相手のスプーンに運んで、コップに入れる。

溜まったコーヒー豆の数で競い合う・・・っていうゲームだ。


画像


こういうゲームって、台湾では多いの??



さてさて・・・、


二人の結果は・・・


画像


優勝だ!

コーヒーメーカー獲得~~(*^_^*)



画像


ションレンは、「幸福の家」でコーヒーメーカーを買う経費が浮くと言うが、

ヨウアイは、このコーヒーメーカーはションレンへのプレゼントだと答えた。

ヨウアイ「コーヒー好きでしょ?」

ションレン「なんで知ってるんだい?」


ヨウアイは、かつてションレンに惚れていたインインから、ションレンが好きなものについて、情報を入手していたらしい。


ションレン「ヨウアイ、君は僕のために結婚も考えてくれて、こんなにも僕のことを知ろうとしてくれる・・・。ありがとう。」

      「これから、毎日、出勤前にコーヒーを飲むよ。」


画像


さっきのゲームで顎が痛いと言うションレンをマッサージしてあげるヨウアイ。

ヨウアイ「真剣にするからよ。」

ションレンは、ヨウアイのためだから真剣にやったと言う。

ションレンはヨウアイのため、ヨウアイはションレンのためにゲームを頑張ったんだね(*^_^*)



すると・・・


画像


ションレン「この辺も痛いんだ・・・。」


画像


ションレン「実は、ここも痛いんだ・・・。」


ヨウアイ「・・・。」



画像


ヨウアイ「どこ・・・?」

ションレン「もっと近付かないと、見えないよ。。。」


画像


どんどん距離が近づくションレンとヨウアイ・・・。




画像


二人のキスシーンが、第32話のラストカットだった。。。

完全に唇が付く頃には、画面が真っ白になっちゃいますけどね・・・(^_^;)


あ・・・、少し更新頻度を上げないと、紹介できない回が生じてしまうかも。。。

焦る・・・(;一_一)














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック