【台湾ドラマ】天使を探して ~Love Family~(原題:有愛一家人)第57話

このまま徐々に暖かくなるんですかね~?
家の中はなんとなく外よりも寒く感じて、夜はめっきり床暖房に頼っている欧太郎デス・・・(^_^;)

行けるときに行っとかないと!
第57話の紹介しま~す(^O^)


画像


ションレン(宥勝 ヨウション<クリス・ワン>)がチェンとジン・ホアを食堂へ連れて来た。


画像


いつも客室で食事をしていたチェンとジン・ホアであったが、どういうわけか、今朝はチェン自らが食堂で食べたいと言ったらしい。。。

女将は、ションレンも同席するように促す。。。

画像


がんで余命間もないチェンは、ずっと食欲が無かったのに、これまたどういうわけか、この日はおかわりまでするのであった・・・。

二人は、これから外出する予定らしい。
そして、チェンとジン・ホアは、30年前の思い出の柳の木の話をして懐かしむ。。。


画像

画像


目と目で合図をし合うヨウアイ(セレナ・ファン)とションレン・・・。



画像


チェンとジン・ホアは街の観光を楽しむ。
昔からある店を見つけてはしゃぐジン・ホア。


画像


お菓子を買ってデートを満喫する老カップル。。。


画像


チェンは苦手であったはずのお菓子を味わってみせる。
ジン・ホアの好物のお菓子だ。。。

そんなチェンの様子を見て、少し心配になるジン・ホア・・・。


画像


ヨウアイは近隣に問い合わせをして、柳の木を探していた。

そこへ、ションレンが段ボール箱を持ってやって来る。

画像


ションレンにはあるアイデアがあった。。。


画像


夜、ションレンとヨウアイは、チェンとジン・ホアの部屋を訪ね、柳の木を見つけたので、明日、案内すると言う。

画像


ションレンたちの報告に喜ぶチェンとジン・ホア。


画像


翌日、チェンとジン・ホアを案内するションレンとヨウアイ。


画像


目的地には、ロンシー(ジャック・リー)たちも来ていた。

画像

画像


チェンとジン・ホアが目にしたもの・・・。


それは・・・

画像


緑色のテープを木に付けて、“柳の木風”にした木であった・・・。

(以前は黄色のテープだったよね。。。)

本物ではないが、チェンとジン・ホアは感激する。。。


画像


テンションは盛り上がり、記念撮影~~(^O^)



画像


チェン「人生で最良の友を得ることが出来た・・・。」

    「思いやりのある若者たちに出逢えて幸せだ・・・。」

    「「幸福の家」には魔法の力を感じる・・・。何年経っても変わらない。。。」



画像


チェンとジン・ホアに満足してもらえたことを喜び、ホッとする面々。。。

インイン「ションレンのアイデアは凄いわ。」

     「黄色のテープを緑に換えて、チェンさんの願いを叶えたわ・・・。」

(えっ!?・・・なんか微妙なレベル・・・(^_^;))


画像


ヨウモンは、チェンの病気のことを考えて、急に悲しくなる・・・。



画像

画像


死を待つしかないチェンの病状を思うと言葉が見つからない面々・・・。


画像


ヨウアイ「心と体はひとつよ!」

インイン「心が元気になれば、体も元気になるわ・・・。」

ヨウモン「二人はこれからもずっと幸せでいられるわね。。。」



その頃・・・


チェンはジン・ホアに、自分が死んだら、アメリカにいる彼女の家族によろしく伝えて欲しいと頼む。
そして、孫たちと一緒に暮らして、幸せになるようにと言うのであった。


そして・・・、


画像


チェンは静かに息をひきとった・・・(/_;)

ジン・ホアにキスをした場面、指輪の交換の場面を想いながら・・・。


画像


ションレンたちが用意をしてくれた柳の木を眺めながら、チェンとジン・ホアの想いは、30年前の時空を超えた。。。

画像


アメリカの家族の元へ向かうジン・ホアに、チェンの日記を渡すヨウアイ。。。

ヨウアイ「チェンさんからの贈り物です。」

ジン・ホア「一緒に居ることが出来た時間が短すぎたわ・・・。」

      「もっと幸せにしてあげたかったわ。。。」

ヨウアイ「チェンさんは言ってました。」

     「時間は短くても、人生で一番幸せな時間だと・・・。思い出は一生ものだと。。。」


画像


ジン・ホアを船着き場まで送るションレンたち。


画像


ジン・ホア「贈り物はないけど、代わりに言葉を贈るわ・・・。」

      「人生でどんなに困難なことがあっても、自分が選んだ愛を貫き、自分の選択を愛するのよ。」


画像

画像


ジン・ホア「ションレン、ヨウアイ、私は何も言えない・・・。」

      「でも、あの頃の私が、ほんの少し勇敢だったら・・・、最後まで立ち向かえたならば・・・。」

      「違う“現在”があったはず・・・。」


ジン・ホアは旅立って行った。。。


画像


ションレン「ヨウアイ、僕は決めたよ!勇気を出さなければ・・・。」

      「一緒に居るためには、今のままじゃダメだ。」

      「隠したりせず、以前のように堂々と会おう!」

      「ご主人の前でも、絶対に離さない・・・。逃げてちゃいけないんだ。。。」

画像
 

ションレン「寒いな・・・、さあ、帰ろう・・・。」


画像


ご主人は、ションレンたちが作った“柳の木風”の木を見つめながら思い出していた。

ジン・ホアやチェンに言われたことを・・・。

ジン・ホア「ハンユェン、やり直せるなら、私はジーション(チェンさん)と共に30年間過ごしたいわ。。。」

      「今の私の手元には・・・、この日記だけ・・・。」

チェン「ションレンを認めても、恨みを消す必要はない・・・。許さなくてもいいんだ。」

    「親の代の恨みで、子の代の愛を壊してはいけない。」


画像


「幸福の家」に戻ったションレンは、ヨウアイの手を握り、ヨウアイの恋人として民宿の仕事を手伝うと言い出す。

画像


女将「今、なんて・・・?」


画像


ご主人におしぼりを出すションレン。

画像


ご主人「何のマネだ!?」

    「客は客らしく、無意味なことはするな!」

ご主人はおしぼりを放り投げる・・・。

ションレン「ヨウアイの恋人として、ご主人のために尽くします。これからも、ずっと・・・。」


画像


ションレンを睨み付けるご主人。


画像


ションレンも引こうとしない。。。


画像


ご主人は、将棋で勝負をしようと言う。

もし、ションレンが勝ったら、好きにして良いと言う。

負けたら、すぐに「幸福の家」から出て行けという提案だ・・・。

(ションレンって、将棋弱かったんじゃ・・・(-_-;))

画像


案の定、形勢不利な状況に苦しむションレン・・・。

ご主人は、負け知らずなのだとか・・・。


画像


不安な表情のヨウアイ。。。


画像


背水の陣の思いだが、決して冷静さを失わず挑むションレン・・・。
駒を進めると・・・。



画像


流石はドラマ(^_^;)

形勢逆転だ!


画像


ションレンは将軍を獲った!!


画像


ロンシー「仁(レン)さん、せっかく好きにしていいんだから・・・。」

     「ヨウアイと隣同士で座ったら・・・?」


画像


ご主人の顔色を気にしながらも、ヨウアイはションレンの隣の席に着いた。。。


画像


ロンシー&ヨウモン「やった~~。」(^O^)


画像


微妙な表情のご主人。

女将はそんなご主人の様子を面白がっている・・・(#^^#)


画像

画像


ちょっとした勇気が勝利へと繋がり、晴れて隣の席で食事をとれるようになったションレンとヨウアイ。

第57話のラストシーンは嬉しそうなヨウアイの笑顔であった・・・。

(向かい合っているほうが、顔がよく見えるのにね・・・?)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック