【台湾ドラマ】天使を探して ~Love Family~(原題:有愛一家人)第64話

連続での更新って、最近の欧太郎にとっては珍しいデス(^O^)
やろうと思ったときにやっておかないと、年度末や年度初めって、忙しいからね!(^^)v

第64話行っちゃいます(#^^#)


前回で、朝帰りがご主人と女将にバレてしまったヨウアイ(セレナ・ファン)とションレン(宥勝 ヨウション<クリス・ワン>)は、菜園で作業をしている。。。

画像


ヨウアイ「朝帰りがバレたときは、恥ずかしくて顔から火が出そうだったわ~~。」(#^.^#)

画像


ションレン「僕も悪かったよ・・・。もっと早く帰しておくべきだった。。。」(^_^;)


二人は、ションレンが「幸福の家」にやって来たばかりの頃を懐かしそうに話すのだった。

ジャケット姿で青虫を100匹獲ったことなど・・・。

(出逢ってから、まだ、3ヶ月の設定らしい・・・。へぇ・・・、それだけしか経ってないんだ。。。確かに、3ヶ月で結婚は早いかも??)


画像


ションレン「あっ!あれはなんだ!?」

ションレンが隙を見つけてヨウアイにキスをする。

ふざけてハメられたことに気づいたヨウアイは・・・


画像


鼻をつまんで仕返しダ~~(^_^;)

ラブラブカップルがこのまま続くと良いのだが・・・。



画像

画像


女将「ヨウアイ、結婚の準備が着々と進んでいるわね?」

ヨウアイ「まさか、結婚前の準備がこんなに忙しいとは思わなかったわ・・・。」

いざというときは、結婚の先輩である女将とヨウチンを遠慮なく頼るようにと勧められる。

画像


ションレンはションレンで、ご主人と結婚式の披露宴の打合せ中だ。。。


画像


ションレンから「お義父さん」と呼ばれる度に、妙なぎこちなさを感じるご主人・・・(^_^;)



画像


もちろん、会場は万星ホテルで、料理もミシュラン三つ星のものなのだそうだ。


画像


ご主人は、打合せを中断して、ハンウェンも同席するように誘う。


画像


そして、ご主人は、ハンウェンに言う。

ご主人「いいか、もし、女性の魅力に我慢できなくなったら・・・。」


画像


ご主人「こう・・・、抑えるんだぞ!!」

    「君が最後の望みなんだ!」


画像


ご主人に嫌味を言われて、微妙な面持ちのションレン・・・。


画像


ヨウモン「ねえ、お姉ちゃんの会社で、アパレルの広告を掲載することって出来る?」

画像


ヨウチン「そんなに儲けて、一体、何のためなの?」

ヨウモンは、ハンウェンが留学中にフランスへ行くための貯金を計画しているのだ。。。


画像

画像


リー弁護士とバドミントンを楽しむションレン。


今回のションレンのプレーは、絶好調のようだ。


画像


「練習したのか?」というリー弁護士の質問に対して、それは“愛の力”だと応えるションレン。


画像


独身のリー弁護士に、結婚の素晴らしさを語るションレン。


そして、リー弁護士は、相手のヨウアイの慈悲深さについて触れるのだった。。。

画像


そこで初めて、ションレンは、ヨウアイが老人ホームに寄付をしたという話を訊かされる・・・。


画像


丁度、老人ホームの件でリー弁護士に電話が入る。

ションレンは、老人ホームに同行することにする。

ションレン「妻が寄付したのだから、夫も協力しないと。。。」


画像


老人ホームで寄付について尋ねてみたションレンとリーであったが・・・、


ヨウアイは寄付をしていない事実に直面するのだった。


画像


ウエディングドレスの雑誌を見て、羨ましく思うインイン。


画像


キスをしているロンシー(ジャック・リー)とインイン。

すると、そこに・・・


画像


ションレンとリー弁護士がやって来る・・・。


画像


ションレンは、先日、リー弁護士が、老人ホームから出て来るヨウアイを見かけたことを彼女に話す。

画像


ヨウアイ「・・・あら、見てたの?声を掛けてくれればよかったのに・・・。」

ヨウアイは、老人ホームに寄付をしに行ったのだと説明する。


画像


ションレンは、ヨウアイの言動に疑念を抱くしかなかった・・・。


画像


ションレンから話を聴かされて、ロンシーもヨウアイが嘘をついていることを知ることになる。

ヨウアイは一体、何を隠しているのだろう・・・?

家族にも嘘をついて隠していることとは、一体、何なのか・・・?

画像


リー弁護士の帰り際に、ションレンは言う。

ションレン「お前も、早く彼女を作ったほうがいいぞ!」

画像


ションレンは、ロンシーとインインのことを気に掛ける。

ロンシーは、シウシェン姉さんがロンシーにカフェを継がせようと考えている可能性があることを話す。

ションレンの補佐を続けることが出来なくなるかもしれない・・・。

ションレン「困ったことがあったら、相談するんだぞ!僕たちは兄弟同然なんだからな!」

画像


ロンシー「仁(レン)さん、ありがとう・・・。」


画像


ヨウモンは、ハンウェンから封筒を渡される。

フランス行きのチケットだった。

画像


しかし、ヨウモンは、チケットは自分の力で用意したいと話す・・・。


画像


ウエディングドレスの試着にやって来たヨウアイとションレン。


画像


ションレンが目にしたのは・・・

画像


艶やかなヨウアイのウエディングドレス姿・・・。


画像


帰りに、ションレンは思い切って、ヨウアイに訊いてみた。

ションレン「実は知ってるんだ・・・。寄付をしていないってことを・・・。」

      「家族の誰にも言ってないってことは、何か話せない特別な事情があるんだろ?」

      「協力したいんだ・・・。」


画像


ヨウアイ「ごめんさない。いまは言えないの・・・。」

ションレン「いつなら話せるんだい?」

ヨウアイ「・・・。」


画像


ションレンは、何故、ヨウアイが老人ホームへ行ったのか、真相が気になって仕方がない。

女将にそれとなく、家族に病気の人がいないか質問してみるが、女将とご主人の関係者には、特に病人は居ないそうだ・・・。

画像

画像


買い物を頼まれたションレンであったが、ロンシーの計らいで、真相を調べるために老人ホームへ行くことにする。。。

画像


ヨウアイの画像を見せながら、「この女性が来ませんでしたか?」とスタッフたちに尋ね歩くションレン。

すると、あるスタッフが知っていると回答した。

ヨウアイが誰を訪れていたのかを確認するションレン・・・。

画像


ションレン「・・・ルオ・ユーチェンだって!?」


画像


ションレンは真相を突き止めた・・・。

画像


ヨウアイが内緒で訪問していた人物。。。


画像

画像


恐る恐る老人の顔を覗き込むションレン・・・。

画像


画像


ションレン「・・・伯父さん!?」

画像


ガッシャ~~ン!!

画像


ヨウアイは食器を割ってしまう。。。

画像


不吉な胸騒ぎを感じるヨウアイ・・・。


第64話のラストシーンは、不安げなヨウアイの表情であった。。。

さて、ションレンは自身の秘密を知ってしまうことになるのか?

結婚を目前に控えたションレンとヨウアイの愛の行方は・・・?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック