【映画】ボーン・レガシー

鑑賞してから、3週間が過ぎてしまいましたが(笑)、映画「ボーン・レガシー」を観ましたよ。。。
特に出演者にも興味ないし、なんとな~く観たんだけど・・・。
<ボーン>シリーズは一応、観てるんだけど、正直言って、内容をあんまり覚えていないんだよね・・・。
マット・デイモンにも別に興味ないし。。。(笑)
でも、一度もシリーズを観たことない人でも、それなりに楽しめるんじゃないかな?
アクション好きな人には・・・。

ただ、最後の対決シーンは物足りないデス。
バイクチェイス以外に、やっぱり肉体と肉体の対決シーンがないとネ・・・( 一一)

画像


欧太郎としては、俳優ジェレミー・レナーは脇役のイメージが強いんだけど、この人も主役をやれるようになったんだ~って感じ。。。

画像


ヒロイン役のレイチェル・ワイズはどうしても「ハムナプトラ」の印象が強いんだよね・・・。
そして、今回、彼女について初めて知ったことがあった!
旦那が007のダニエル・クレイグなんだ~~。
知らなかった・・・
(知らなかったのは恥なのかな・・・?みなさん、知ってました??)



ストーリーは簡単に・・・。


アラスカ州にある特殊作戦訓練地で訓練中の男。。。
CIAによる人格・肉体改造計画「アウトカム計画」によって造られた暗殺者、アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)である。
彼には、定期的な血液採集が義務づけられており、精神と筋力維持のための薬を服用しなければならない。

一方、CIAでは、ジェイソン・ボーン(マット・デイモン※写真のみ)等による告発で、機密計画が明るみになることを恐れ、証拠隠滅のために、各計画の抹消を進めることになる。
次々と抹殺される暗殺者たち・・・。

CIAによるミサイル機攻撃を受けたアーロンだったが、彼はその攻撃をかわし、生存していた。

服用薬を求め、アーロンはマルタ・シェアリング博士(レイチェル・ワイズ)の元へ向かう。

実は、彼女もいろいろと機密に触れてしまったために、命を狙われていた。。。

薬を製造している工場があるマニラへと移動するアーロンとマルタであったが、追手が2人に襲いかかる・・・。


って感じ。。。



なんか、この作品も続編があるみたいだね。。。




"【映画】ボーン・レガシー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント